大事な故郷を、後世代に残したい

かつて日本中どこにでもあった、自然と共にある集落。
その風景は、開発や過疎化と共に失われつつあります。

福地温泉も例外ではありません。

他の集落と同様、人口が減っていくことでこの集落も消えてしまうかもしれない。
しかし、開発を進め利便性を追求することだけが正しいのだろうか?

そこで私たちは、「古き良き田舎の姿」を残したまま、
福地温泉独自の「再新再生」を目指そうと考えました。

物質的な豊かさだけではなく、自然と共にある豊かさを最先端のテクノロジーで実現したい。
それが私たちの想いです。 

エコを見直す

再生可能エネルギーを求める声が大きくなる中で、
私たちにも出来る事はないかと考えるようになりました。

調べを進めるうちに、私たちは少ない水でも発電ができる技術がある事を知りました。

一度は消えてしまった水車。

その水車を水力発電に使う事で、「古き良き田舎の姿」を取り戻すと同時に、
「再生可能エネルギー」を生み出す事が出来るとわかったのです。

たどり着いたこたえ

私たちは、「エネルギーを自給自足」し、
かつ「古き良き田舎の姿」を再現するすることで
人々が集まり、次世代に繋がる集落を創る事が出来ると信じています。

そのために、豊富な水源を活用出来る「マイクロ水力・小水力発電」の導入を柱にした
エコエネルギー事業を推進していく事にしました。

この事業を通して、福地温泉をさらに魅力ある温泉街へと再新再生させて行きます。
そうすることで、この温泉街のファンが増えることを願っています。

しかしながら、私たちの挑戦は、今始まったばかりです。
夢の実現に向けて、一人でも多くの方々の共感を頂けますと幸いです。

 

 

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now